最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
先祖に想いを
2月に亡くなった義父の新盆で菩提寺に行ってきました。

白く美しい行燈に光が灯されて義父は帰ってきたということです。

今日は住職様の講話により長年の疑問が解けました。

通常お盆では

13日の夕方灯明とともにお迎えに行ってご先祖様が家に帰っている筈なのに
なぜ14日の早朝お墓に行くのか?が謎でした。
お墓を守る餓鬼の為にお供えをするのだそうです。

DSC06261.jpg

夫の郷里佐倉では
お供えも13日夕方は歓待の意味でみたらしのお団子

14日朝は家族の食事 
昼は暑い時期なのでそうめん(冷麦うどん)
 夕はおにぎり(←天竺に行くためのお弁当)

15日朝はまだ帰ってこないの無し 
昼は天竺で御馳走だったのでさっぱりと菜飯
   最後はまたあちらへ帰るので日持ちする味なしのお団子

   と意味があって面白く感じました。

   これを長年供えている長男の嫁と呑気な次男の嫁では徳の積み方が違いますね(笑)
   兄嫁には幸せが訪れなければ道理が合わないと思っています。

tokuda ajisai ame


 


時間の不思議
同じ時間でも長く感じたり短くて焦ったり

その時どきで変わるのが不思議ですね。

私はやる気が起きない時や逆に自制を求められる場合に

よくタイマーを使っています。

メルヘンペイントの容器がやっと届き今日はたくさん詰めて発送しました。

大変長らくお待たせして申し訳ありません。本日14件発送しました。

液を容器に詰める時間は一本につき1分半になりました。

当初は3分かかっていました。

計っていたのは人に作業を頼もうかと思っていたからです。

DSC06232.jpg
↑こちらはまた中断です。

今月はあと5点見本作品を作りたいと思っています。

作品の制作時間は計りたくないです。

通常の時給に換算したらテンション下がりますからね(笑)

手作りは効率とかとはまた違う価値基準で考えませんと。

 

しめ縄と餅花
しめ縄の形状は不思議な形なのでそれに合わせてスチロールを切っています。
wakazari21.jpg
私は2ミリの厚さを使っています。
スティロールには絵柄の形を整えながら高さを出せる利点があります。
ただし大きさと厚みを良く定める必要があります。

シリコンには融通性がありますが補正の力はないですね。
wakazari22.jpg
貼る際は中央から左右へ一個置きに接着します。
そもそもしめ縄を切る時は輪郭線を大きめに切っています。
(両側ともしっかり輪郭線を残す)
丸みがつくと短くなるからです。

立体に成る程隙間ができるのでその偏りを防ぐために
こういった貼り方をお勧めしています。

またしめ縄の筋を今回は切り込んで表情豊かにしました。
樹脂の時には沁みる可能性があるのでしなかったのです。
作るたびに試行錯誤ですね。
wakazari23.jpg

餅花はこのようなスティロールで持ち上げています。
揃って正面に向かって持ち上がります。
ぽちっと宜しくお願いします。


椿の組み立て
私はシリコンを使わずに粘着つきスティロールで空間を作っていきます。
慣れない方はその方法に戸惑いますので今回はその手順を
椿を組み立てながらご紹介いたします。

osyougatu1.jpg
絵柄を切って切り口に色を塗り丸みをつけて番号順に並べました。
スチロールは1ミリの厚みを丸みのカーブの厚さを考慮して
1枚か部分的に2枚重ねています。
花びらの凹凸に合わせてどの位置にどんな面積で
どの厚みで貼るか望む立体のイメージで検討します。
osyougatu2.jpg
ある生徒さんに「シリコンより厳密さを要求される」と言われました。

確かにシリコンなら引き上げたりがすぐできるので高さと角度の加減はしやすいですね。
ただシリコンの長所は私が思うにその一点だけなのです。
osyougatuwa3.jpg
作品が汚れる。不安定でぐらぐらする。乾くまで時間がかかる・・・
あの不自由さにはもう戻れません。

このようにスティロールを貼ってみたら
固定する前に重ねてみれば塩梅がはかれます。
角度をつけたかったら片側に小さく切って足せば済むのです。
重ねた後でも不足ならちょっと引き上げて横からチップを差し込んでも
絵柄が汚れる心配はないのでシリコンよりずっと気楽です。
慣れでしょうかね。
また不安なら木工用ボンドでべったり貼らずに点で止める感じで
仮固定のようにすれば修正も簡単ですよ。

このように絵柄を下に置いて部分で組み立てるのも大事なコツですね。

ぽちっと宜しくお願いします。

スースーしたい
ホテルマンだった次女が数年前に北見で勤務していたので
それ以来薄荷はちょっと親しみを感じております。
(薄荷油は有楽町のどさんこ倶楽部で買ったような・・・)

香料会社で研究助手をしていた時もメントールを溶かすことがありました。
P7100373.jpg
ミント(植物、ハーブ)
薄荷油(日本のメントールを摂る植物の香料)
メントール(スースーの成分 はっか精油の結晶 無臭)
ス-スー関連でみんなつながっております。
このたび取り寄せたのは
右のこちらです。ハッカ脳=メントールの結晶(←匂いはない)
DSC06057.jpg
これをエタノールで溶かせば薄荷油に近い物の出来上がり! ☆使い方
希釈しないと大変ですが
この夏は虫よけにします。

例 エタノール10に薄荷油を5滴から5ccまで 水90 皮膚用)
  エタノール10に薄荷油を20から30滴  水90網戸 寝具用)
容器はガラスかPPに。ポリスチレンは溶けます。

庭の水やりの前に思いきり手脚に塗っておこうかと。
ゴキブリや猫もこの成分が大嫌いだそうですね。

抗菌 除菌 消臭 その他使い道はお風呂とか
生ごみの匂い消しとか
私は花粉の時期にいつもマスク(外側)につけていました。
清涼感が心地良いのです。15の使い途

ところで静電気防止の「アンチスタH」のその後
テレビの周囲に見事に埃がつかなくなりました。

OPP袋に塗ったら静電気がなくなって一目瞭然です。

それから展示会の額はアクリルやガラスの内側にもお忘れなく!です。

☆使い方

ぽちっと宜しくお願いします。


プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索