FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
ブルーローズの作り方公開します
今月中に新発売する予定のカード・キット「ブルーローズ」

真理さんにお願いしたのはオリジナル額の寸法に合わせて
マット部分もストライプ模様に描いて頂くということでした。

額装で他のどこにもないキットを目指しました。
薔薇もブルーのものは生地やカーテンにはありますが
シャドーの用プリントはあまりないと思います。

ゴージャスなのは大変ですので半八重の薔薇
正面の構図で端整な美しさを狙っています。

また額以外のアレンジも色々出来ます。

発売に先立ち「ブルーローズ」の作り方をご紹介します。
シャドーボックス愛好者の皆様なら簡単に作れる11ピースの初級者向けです。
体験教材にも良いですし見た目も涼しげでしょう?

DSC04734.jpg
5枚のカードのうち土台をのぞく4枚はマット部分と薔薇部分に
カッターの刃を入れて分けてから切りましょう。
マット用のうち1枚は丁寧に鋏で円形に切り直します。
残った3枚を額装に生かしウォールマットに利用可能です。

水彩画は輪郭線が読み取りにくいのでコツを伝授致しましょう。
DSC04735.jpg
切る前にスタイラスでガイドの窪み線をつけます。1mm位外側に、です。
花心、柱頭も同様です。
br5.jpg
↑フルカラーテキストの指示に従って切ったところです。

左から右へ(貼る=組み立ての)番号順に並べました。
br6.jpg
紙片の白い切り口に色を塗って目立たなくしてから
丸みつけ。モデラーを当てました。
裏のほうがわかるでしょうか?
中央部分を窪ませます。
表情を充分つけるためには切り込みも大事です。
私のテキストにはモデラーを当てる位置を指示していますので
忘れず親の仇のように押していただきたい(笑)
br1.jpg
花心の切り方は放射状に切り込みを入れてからしべ状に切り直します。
柱頭部分を押すと周りが立ち上がります。
br2.jpg
樹脂作品には下のペップ(造花用花心)を使いました。

br7.jpg
とりあえずこのように重ねてバランスを見ましょう。
窪み具合、丸みの付け忘れなどないかチェックします。
br8.jpg
穴はメンディングテープを貼って塞いでおきます。
br9.jpg
シリコンを小豆大を目安にして置き、安定するよう2ピースずつ重ねています。
br10.jpg
ボリュームと自然な立体感を意識します。
その後5ミリ厚のスティロールで浮かしニスで光沢をつけ
額の裏蓋(土台の絵)に固定します。

↓参考作品。樹脂仕上げ。
新しく試みた背景に入れたパールホワイトの薔薇模様も気に入っています。
イベント中丸善4階販売コーナーでご覧になってくださいね♪
br11.jpg

来年はこのカードを素材に樹脂掛けをお教えしようかしらなどと
構想は膨らむ一方です。

プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索