FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
鶴のお年玉袋
 昨日に続き鶴のポチ袋(お年玉袋)をもう一つご紹介しましょう。

折り紙でなく長方形の紙を使います。A4のファックスの紙を利用しましょう。きれいな柄のものもありますよ。100円ショップでみつかることもあります。裏が白いと鶴の背景に白い帯模様が出ます。

 縦はそのままで(約30cm)横は14cmに切ります。出来上がりは縦12.5cm横6cm程です。
慣れれば鋏を使うよりカッターと金属の定規で切るほうが早く綺麗に切れます。

 私は縦7cm横14cmの別の紙を切って下部に置き換えるのが好きです。その長方形の部分で鶴ができているので鶴の色が替わります。その際はメンディングテープでつなぎます。(例 写真の一番下の2羽)

私の周りではうけております

①↑ 紙の裏を上にしてテーブルに置きます。右下と左下で3角に谷折りします。(写真左)
② 下から7センチのところで横に山折りします。(ここはくれぐれも山折りです。写真中央)
 折り込むと「かぶと」を逆さまにしたように下がとがる形になる筈です。(写真右)
先人の知恵を感じます。

③ ↑中心を谷折りします。(写真左)左側の三角を山折りし、折り込んだら開きます。(写真右)
鶴の手前半分を折るイメージです

④ 鶴の要領で山折り2辺さらに横に谷折り線をつけて開いて折り込みます。
⑤ 谷折り線をつけてから上にすると菱形になります。(写真左)
⑥ 菱形の縦中央で谷折りし左に倒します。(写真右)
慣れれば簡単です。がんばって

⑦ 右側も③~⑥と同様に折ります。(写真左)
⑧ 左の先端を中割り折りをして鶴の頭を作ります。(写真中央)
⑨ 上から3.5cmで横に山折りします。(写真中央)
⑪ 折った上部の先を鶴の付いた根元まで谷折りで差し込みます。(写真右)
こちらの色はやや弔事向きですね


⑫ 左右4cmずつで縦に山折りします。(写真左上)
⑬ 後ろに返して互い違いに紙を差し込んだら完成です。(写真右上)
皆さんがこれで作れますように!


 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。

プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索