最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
一富士 二鷹 三茄
DSC06275.jpg
拍子抜けするような涼しいお盆となりましたね。

作品制作はちょっと浮気してお正月12モチーフをほぼ作りました。

新作2018和風グリーティングカードです。

23日の発売前ですがご予約承り残り5 0個となりました。
追加注文致します。

カードはこちらです。
DSC06276.jpg
金の印刷が効果的で丸みが付くと大変光沢が美しいです。
モチーフは一つずつ作って達成感が得られる良さがありますね。

 


制作中の吉祥文様
DSC06274.jpg
おめでたい12個のモチーフを制作中です。

今回はそのうちの4モーチーフをご紹介しましょう。

一番下は茄子でしてしばらく何かと思いました(笑)


DSC06272.jpg
カード4枚で作っていますので分解はこんな感じです。
亀のしっぽは細く間を切り取りました。
DSC06273.jpg
組み立てるとこのようになります。

周囲の細い枠はスチロール3ミリ厚で支えています。

明日は全て完成したのをご紹介しますね。
 


額の深さと持ち上げ方
DSC06267.jpg
シャドーボックスは通常奥行きのある立体額に作品を収めます。

額の深さは葉書程度の大きさなら15ミリから35ミリあたりでしょうか。

規格の額でもバラつきがあるので作品はそれに合わせて作ります。

今回は香水瓶の絵柄が縦に三つのプリントでした。
DSC06263.jpg
額のマットは三つ窓が横並びなので作品は絵柄だけ使って背景は
ピンクの布目模様の台紙にしました。既にニスもかけてあります。

額の深さが30ミリある為通常の入れ方だと深さを生かせません。
DSC06264.jpg
こういう時はテーブル面を設定し高さを出します。
テーブル面は背景に使った紙を短冊状に切って補強して斜めに固定します。
DSC06269.jpg  
横長短冊の上部は額が低ければ殆ど持ち上げませんが
今回は1センチ上げて下側の辺ではスチロール3段重ね15ミリ上げました。
実際には台紙の補強の厚みがあり斜めなので最下辺は2㎝位になります。

DSC06268.jpg

いつの間にか左右の絵柄が逆になっていますが(笑)
高さの加減は毎回作品を額に入れながら調整しています。

Wさん上品で落ち着いた作品になりましたね♪
 


先祖に想いを
2月に亡くなった義父の新盆で菩提寺に行ってきました。

白く美しい行燈に光が灯されて義父は帰ってきたということです。

今日は住職様の講話により長年の疑問が解けました。

通常お盆では

13日の夕方灯明とともにお迎えに行ってご先祖様が家に帰っている筈なのに
なぜ14日の早朝お墓に行くのか?が謎でした。
お墓を守る餓鬼の為にお供えをするのだそうです。

DSC06261.jpg

夫の郷里佐倉では
お供えも13日夕方は歓待の意味でみたらしのお団子

14日朝は家族の食事 
昼は暑い時期なのでそうめん(冷麦うどん)
 夕はおにぎり(←天竺に行くためのお弁当)

15日朝はまだ帰ってこないの無し 
昼は天竺で御馳走だったのでさっぱりと菜飯
   最後はまたあちらへ帰るので日持ちする味なしのお団子

   と意味があって面白く感じました。

   これを長年供えている長男の嫁と呑気な次男の嫁では徳の積み方が違いますね(笑)
   兄嫁には幸せが訪れなければ道理が合わないと思っています。

tokuda ajisai ame


 


目に涼を
体温を超すうだる暑さの東京でした。

せめてインテリアでは涼を演出したいものですね。

「花筏 朝顔」を組み立てております。

DSC06260.jpg
DSC06249.jpg
朝顔の花弁は5か所くさび型で切り取ると中央がくぼみます。
2枚で表現する花の土台側にその処置を施すと自然な造形に近づくので
嬉しくなりますよ。キットをお持ちの方は是非お試しください。

DSC06256.jpg

プリントはシャドーボックス専用に葉などを取り出すように周囲に印刷しています。
花の下にも覗くと葉があるので組み立ての途中では
あまり見たことのない風景が広がっております。↓
DSC06257.jpg

花をその上に三つ乗せればこの通り↓絵柄のずれが気にならない仕組みです。
DSC06258.jpg


Bのシートの全体像に筏を乗せ Aから切り取った朝顔の全体像を合体させます。
(この部分は改良したので白黒のコピーのテキストです。)

部分ごとに作って組み立ててくださいね。
筏の手前側を高く、角度をつけると立体感が強調されますよ。

 





プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索