最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
”No handmade No life”私の手作りオタクぶりを是非、御覧になって下さい。
和紙と絹
和の作品を引き立てる背景に
最近は和紙や絹の布を使っています。

DSC01630.jpg

背景の素材はあまり主張が強くなく
色の調和があることが大切かもしれません。

その点和紙や絹布は淡い穏やかな色調が多く馴染む気がします。

また織り地の光沢や皺などマット紙にはないテクスチャー、味わいが楽しいです。

今日は生徒さんが
サカイタカシさんのリース作品で絹の布を背景に使いました。

サーモンピンクのフレームで
絹布もその色調の部分を選びました。
DSC01632.jpg

リースは水引で作りスワロビーズを花芯に貼っています。

もみ紙和紙とは違う魅力がありますでしょうか?


はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村

素敵な作品が続々と
展示会の作品が作れませんが生徒さんは頑張ってくださっています。

こちらはチェリー お菓子作りの絵柄で
人気投票上位でしたね。
DSC01627.jpg


銀の箔印刷のアクセントが効いていますので
ところどころ銀のパーツをあしらっています。

ハートや星など・・・。

あまりに自然でさりげないと気が付かないかもしれませんが
とってもかわいい作品になりましたね。

Mさんは左の眼の塩梅が良くなくて
右目で確認しますので少し右寄りに組み立てていました。

気にしないと皆さん効き目で見ていますので
作品は右か左かどちらかに偏ります。

通常は効き目だけを作品の中央(視点)から見降ろして
ずれの確認をします。
「基本のき」ですが参考になったら嬉しいです。


はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村

梅紋様のアレンジは
春秋梅紋様の絵柄はパーツで組み立てられるので
お好みで2作品3作品に分けて額装可能です。

職場でお正月に飾る機会のあるK様が三つの梅モチーフを
小ぶりな額に収めました。

背景にはサカイタカシさんのリースに使った和紙を使いました。
ume mini kurogaku
額は黒い物でマットを外し中桟部分は黒いスチロールでガラスを支えました。

このお気に入りの和紙
サカイタカシさんのパールの水引
教会用の雪パーツ・・・

ただ今品切れです。
umemoyou boda

カード会社も廃業しますし
カードやプリントの絶版は日常です。
なんでも一期一会だと思います。

私はビーズや絹の布など多くの副資材をキットに取り入れていますが
尚更材料がそろわない場合も多くありますので
皆様ご注文はお早めに。

もちろん最大限探したり集める努力はしていますが
無くなることは普通ですので何卒ご理解ください。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村


生徒さんの作品 M様 K様
お知らせ

教会の額の到着が遅れております。
当初土曜着でしたが日曜着になりました。
お待ちくださっている皆様申し訳ありません。

DSC01619.jpg
りんごの花はいくつかレパートりーがありますが
こちらは最も大ぶりなサイズです。
縦長長方形の絵をアレンジして楕円のプラークに収めました。
DSC01618.jpg
滴の表現もぬかりなく・・・
生徒のM様が作られました。
樹脂仕上げに初挑戦。
花芯をペップで立体的に表現しています。
作品としてまとまるように背景はグリーンの影を付けました。

落ち着きがありながらも愛らしい作品になりましたね。

生徒のK様も樹脂がけマグネット作りに初挑戦。
DSC01621.jpg
スタンプアートの達人なので断面の塗装は金のインクでされたそうです。
ちょっと絵の縁までかすれた感じに金が入って味わいがあります。
DSC01622.jpg
ふっくらこんもりピッカピカ!K様 大成功ですよ~♪

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村

柔軟に
粘着スチロールの使い方は私自身模索の段階ではありますが
この使いやすさを皆様に実感して頂きたいので
御提案したいと思います。

DSC01598.jpg
シャドーボックスで作品を持ち上げる際
シリコンがスチロールより優れている点はたった一つだけだと私は思っています。
それは段階的に高さをコントロールできること。

逆に言えばそれがスチロールで出来れば良いこと尽くしになると言うことです。
そのために1ミリ2ミリ3ミリ5ミリを用意しています。

良い点は
手が汚れない。作品が綺麗に仕上がる。安い。乾かす時間が要らない。軽い。匂いがない。
安定感がある。補強の役割も兼ねる。
細い部分も安定して浮かせる事が出来る=2ミリ幅で高さ5ミリ 等です。

また支え方、浮かし方にもいくつかコツがあります。
DSC01596.jpg
例えば写真のような作品の場合雪の縁が不定形にカーブしているなら
そのカーブより少し(2~3ミリ)小さく切って支えます。

着物を着た人なら筒状にカーブが付くように分けてスチロールを貼ったりします。

スチロールをただ平行に持ち上げず角度を付けても良いし
スチロール自体斜めにカットしても良いのです。
黒背景の妖精を支える時は黒いスチロール5ミリを2段重ねにすれば簡単です。
DSC01601.jpg
生徒さんを観ていますとシリコンの使い方の名残で
ぽつぽつ切って支えたり
平行にばかり重ねて使い「動きが出ない」と仰ったりなので
もっと囚われなく好きに使って頂きたいと思っております。


はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村


プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索