FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
お正月飾り 組み立て
前回ご紹介したように画像処理した絵柄を合わせる際には

コツが必要です。

まず扇子2枚作って置きます。
扇子の山折り谷折りは定規を使って表に筋を付けてjから
表で山折りになる部分はもう一度裏面から筋を押します。

凹凸の歪みを整えるためにひだを残しながら
一回り小さく切った扇型のスチレン1ミリの土台に貼っています。
ひだは深くしたいのですがあまり角度をつけるとずれますので加減してください。
o botan tukurikata3
コピーの上に扇を乗せて位置合わせをします。
ここで扇子二つをつないでおくと作りやすくなります。
その上に水引と花の全体像を重ねます。
下の餅花と御幣の部分が位置合わせのために大変重要です。

右の赤い水引の中に3本あるのは松の枝です。
位置合わせのために残しました。
隠れてしまう松全体のシルエットを細かく切る根気が
私にはありませんでした(笑)
obotan tukurikata7


松葉は切る技術が出るところですね。
葉の先端を細く切るのと丁寧に切り口を塗ると自然になります。

obotan tukurikata 5
花と葉の全体像も確保してありますので組み立てておきます。
二つの竹も組み合わせておきましょう。

obotan tukurikata6
常に下の絵柄とずれを確認しながら作業してください。
ここまで組み立てたらあとは一気に合わせます。
o botan kansei
楽しく作って頂けたら幸いです。

お正月飾り 御幣と餅花 しめなわ
お正月飾り牡丹 

特徴はシャドーボックス専用に重なった部分から絵柄を取り出すように
画像処理して周囲に印刷したことです。
プリント3枚で注連縄飾りが出来ます。背景は別途ご用意ください。
マットなしの専用額は4月に入荷予定です。

画像処理した一例として扇子にご注目ください。
扇子2枚がプリントの下部にあり切り取ったら凹凸を付け松など乗せます。
扇子には松の絵が無いのですっきり表現できますが
少し位置合わせが難しくなります。

作りやすくするために牡丹全体の土台用の絵柄も確保してありますが
キットを入手したら必ず(できたらカラー無ければ白黒)コピー1枚を確認用に
取っておいてください。

まずは切る作業から
3枚のA4サイズプリントからテキストに沿って必要な絵柄を切ります。
o botan tukurikata1
例によって透かし切り、カッターで抜く部分を先に切ってから
外周を少しつなげながら不要部分を切り落とします。
縁を塗ってモデラーも欠けられる部分はかけておきます。

o botan tukurikata4


餅花の全体には裏に針金を貼って補強し
餅花は1ミリ厚さのスチレンで浮かします。

下部の注連縄は3層で重ねています。
薄茶色の3色の濃淡で切る位置が分かります。
切込みを入れて藁の質感を出しましょう。

上の注連縄飾り細部は細長いひし形に切った1ミリ厚さスチレンで
均一にボリュームを出しています。
この支えはシリコンでは難しいと思います。
貼る前に完璧な丸みを要求されますしシリコンをはみ出さずに作るのは大変です。
相応しい支えを用意すれば形を補正しながらきれいに貼っていけます。

o botan tukurikata2

御幣=紙垂(しで)の立体感の付き方が分からなかったので
仕組みを知るために調べて紙で作ってみました。

折り線を参考にしてお作り下さい。
写真で伝わるでしょうか?
上から3ミリ位切込みを入れてぎりぎりでつながった状態にすると
表情が再現できます。

御幣全体に各長方形の1ミリ厚さのスチレンを貼っています。
重ねる御幣にも1ミリ厚さのスチレンを全体の面積の8割から9割を
目安に貼っています。

このぴらぴら折れ曲がった不思議な形は
神霊が地上に降りて来る形である雷光のイメージだそうです。

3年ぶり 新作プリント1
常日頃私はシャドーボックスで他にない教材を作りたいと思っております。

このたび成願義夫先生に許可を頂いた絵柄を
3年ぶりに印刷しました。
o botan print


こちらは私のネットショップのほかABCクラフト枚方店で入手可能です。


YJ20P「 お正月飾り 牡丹 」A4サイズプリント 3枚 税込み1600円
フルカラー詳細テキスト付
画像処理をしていますので大変効率良くお手頃価格に作れました。

お正月飾りは以前も制作しましたが和風グリーティングカードにはない
大きさですのでご好評を頂き再販を数回重ねてきました。

今回は縦長の紙垂(しで)の入った絵柄です。

作り方の詳細を数日に渡ってご紹介致します。
o botan kansei shikishi
皆様に気に入って頂けたら嬉しいです。

和柄作品いろいろ
成願義夫先生の和柄のキットはただ今19種類あります。

お陰様で再印刷などして販売以来根強く皆様に愛され
またこの春新作を出す予定です。

小ぶりのプリントサイズの花の円形の絵柄向けに
額を特注しております。
yj3pume 400

額外寸サイズは22cm角
円形抜きマットは直径11cm
裏蓋サイズ 18cm 角
作品の深さは2cm
背景に1枚マットボードが入っています。
プリントを中央に貼っても良いですし
ニスで仕上げた作品のみを固定することもできます。
写真の作品は白い花が引き立つように黒の布を土台に貼っています。

ABCクラフト枚方店の依頼で
見本作品を作っております。


再入荷のお知らせ
人気のティーカップ
招き猫
鶴と桜
四季のリース
緑地鯉のぼり入荷しました。

DSC04387.jpg

和柄キット小さいサイズで最も人気のあるのがこの椿です。
B4サイズの紙に6柄印刷してきましたが椿に合わせて切り
椿ばかりが無くなるのでこの度椿のみ6個印刷しました。(笑)
これでしばらくは安心です。 

昨年の今頃母の誘いで伊豆大島に椿を観る日帰り弾丸ツアーに参加しました。
きれいで艶やかな花ですね。

new sakura
今週は少し寒さも緩むとか。
桜の開花予報もそろそろ出るのでしょうか?
この桜も作りやすいキットです。



プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索