最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
”No handmade No life”私の手作りオタクぶりを是非、御覧になって下さい。
やりたいこと。やらなければいけない事
 現代に生きる多くの女性が

娘 嫁 主婦 母 労働者・・・と様々な立場と役割を与えられ

限られた24時間という日々をなんとかうまく配分して過ごしているのだと思います。

私の娘の世代は専業主婦をやっていられる人は少数ですから

子育てしながら報酬を貰う仕事をするでしょうし

もしも孫ができて近くに住んでいるなら私も当然面倒を見るでしょう。

今は元気な実家の母も介護が必要になるかもしれません。
DSC02796.jpg 

ただ今現在私は仕事に全力を注げられる環境であることを
ありがたく感じ、とりわけ支えてくれる理解のある夫にも感謝です。

「時は金なり。」

時間こそ価値のある大切なものだと50歳も過ぎれば実感しています。

今年は日々の教室のほかに大きなイベントがあと2つ決まっています。

更に今日ワークショップのお話を頂いて

「忙しい」と言って断るのは簡単なのですが

引き受けて全力で当たりたいと思っているところです。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

名前をレース模様に
 我が家には表札らしいものがないので遊びで作ってみました。

新しく手に入れたブルーパールの絵の具の色を確かめがてら

300円ショップで(二文字300円)購入したアルファベットの文字を装飾しました。

DSC03009.jpg

正面を白く塗ってからレース模様をシルクスクリーンで入れました。
我が家の外壁はウェッジウッドブルーなので
それに合わせたつもりです。

立体ですと施しにくいのですが

無理やり・・・(笑)

こういったことは自分の遊び 試作 なのでリラックスして行えます。

その点生徒さんに頼まれて行う場合は失敗できませんから
慣れている作業でもやはり少し緊張します。
DSC03011.jpg

平たい板に文字を寝かせて乗せ札状にするか

木製フェンスの上部に立てるか・・・

長方形の枠の中に収めるか

手持ちの木材と相談しながら暇を見つけて完成したいものです。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

光沢とシャドーボックスの関係
シャドーボックスの仕上げに光沢を付ける理由は

紙に見えない陶器のような味わいを出すとか
光で褪せないように保護の意味合いの他
私はより「紙片の丸みを感じられる効果」を狙ってのことだと思っています。

光沢があると例えば視点を左右にずらして作品を見ると
紙片の光った場所が複雑に動くので丸みがさらに感じられます。

ですから通常は正面から見る平面の絵の鑑賞法と違って
シャドーボックスの展示会では皆さん見方が変わりますね。
大抵観ながら頭が左右に動きます。

作っている方は特に近づいていろんな角度からご覧になるので
すぐに愛好者だと分かる程です。(笑)


さて通常の印刷の紙の場合箔印刷は割合珍しいです。
今回取り組んでいるクリスマス作品のように
自分で絵を創り出す場合私は光る紙、光沢がある紙を使うのが好きです。
こちらは銀の紙を素材にして柊のフレーム制作中。(裏面)
DSC02996.jpg

金 銀 パールの紙等を駆使して雪の表現等しています。
また透ける紙も今までのシャドーボックスでは殆ど使われていない紙でしょう。
DSC02997.jpg

3Dに表現する為まずは同じものを2枚用意しています。左が裏で右が表。
抜いた直後はカッターの切り口が反り返っています。


光る紙は丸みを付けると劇的に変わる感じがして
「丸みの付け甲斐がある」と思うのです。
写真でそれがお伝え出来たでしょうか?
DSC02998.jpg

周囲は黒で光沢のある紙を使い、柊の形を適当に抜きました。
対比させたくなって敢えて丸みを付けていません。

銀の柊フレームの下には透ける緑の紙を貼りました。
中に灯りが入れられたら面白いと思っています。

円形の中にはクリスマスに因んだ絵柄が入ります。


この後柊の実に赤いビーズ等も付けました。
光りもの・・・・大好きなんですよね。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

樹脂の結晶
 エポキシ樹脂(エンビロテックス)は20年近く使っているのですが

先日白く固まったのを見かけて大ショック!!
jyushikatamari.jpg

一箱2400円の高価な液材ですから使えなくなるのは辛いです。

購入先で問い合わせたところかつて結晶が出たことがあり
メーカー(輸入元?)に返品したのだとか。
DSC03001.jpg 

でも私の物を引き取る気配はなく(笑)

私も樹脂液の購入先が複数あってレシートも分からないので

ダメ元で結晶を溶かすことにしました。

その方法は・・・・・

お察しのとおり「加熱」です。

白いキャップの樹脂液=レジンに容器の底3割位
もろもろ白い沈殿した結晶がありました。

どれくらいの温度が良いかわかりませんでしたが人肌より少し熱いお湯で湯煎しました。
少し溶けたので45℃位の湯煎を繰り返し振って結晶を溶かしました。

結局5回位で奇麗に溶けました。

この時期は気温が30度を超えると硬化の反応が早まりますが
ある配慮したのでうまくいきました。
シルクスクリーンで模様を入れた上に
樹脂を掛けています。

DSC03005.jpg 

やれやれ。
特別講習ご参加の皆様準備万端でお迎えできるよう努めております。

K様次回は新品の樹脂液をお渡ししますね。

ポップアップカード×シャドーボックス
飛び出す絵本やポップアップカードには
またシャドーボックスと違う仕組みがあって以前から
興味がありました。

切り絵を見たら部分的に立体にしたくなり
ポップアップカードを見たら立ちあがる技法を取り入れたくなり
全くもって私は紙の反立体と立体の造形がどれだけ好きなのかと思います。

DSC02999.jpg

今回のテーマはクリスマスの中でも定番の
「キリストの生誕 三賢者」

馬小屋の部分のポップアップを
どうしても作りたくなりました。
額の窓の大きさに合わせて立ちあげました。
切り込みと山折谷折で屋根と柱が起きてきます。
DSC03000.jpg
立体になると複雑で色々調整が必要で
穴の補強と柱の裏に1㎜のスチロールを貼る等補強も必須。
でも本当に面白いです。

今後ピースを浮かす際にこの立ち上げ方も取り入れられそうでした。

正面側はシャドーボックスの手法で重ねています。
キリスト様と三賢者はどうなる事やら・・・


はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ


プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索